privacy policy

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

株式会社Brave(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

 

個人情報の管理

当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・従業員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

 

個人情報の利用目的

お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

 

個人情報の第三者への開示・提供の禁止

当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

 

 

<お客さまの同意がある場合>

お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合。

 

<法令に基づき開示することが必要である場合>

個人情報の安全対策

当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

 

ご本人の照会

お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

 

法令、規範の遵守と見直し

当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

 

お問い合わせ

当社の個人情報の取扱に関するお問い合わせは下記までご連絡ください。

Brave Gym利用規約

株式会社Brave(以下「弊社」といいます。)が提供する「Brave Gym」(以下「本プログラム」といいます。)を利用する会員は、この利用規約(以下「本規約」といいます。)の条件に従って本プログラムを利用するものとします。

第1条(目的)
本プログラムは、会員が本プログラムを利用し、心身の育成、健康維持、健康増進およびフィットネスの振興を図ることを目的とします。

第2条(定義)
本規約において使用される用語の定義は、以下のとおりとします。
(1)「利用希望者」
本プログラムの利用を希望する個人、法人または団体をいいます。
(2)「登録情報」
第5条(利用申込)に際し、利用希望者が提出する①本規約に対する同意、②本人確認に必要となる情報、③健康状態、④過去に本規約に違反したことがない旨の誓約、その他弊社が指定する情報をいいます。
(3)「会員」
第5条(利用申込)に従い、本プログラムの利用申込をし、弊社がその申込を承認した個人、法人または団体をいいます。
(4)「会員情報」
(4)「会員情報」
会員に関する顧客情報、本プログラム提供に伴い取得する情報その他本プログラムの利用に関する情報をいいます。
(5)「本プログラム」
本サイト上および本規約別紙で定める、弊社が会員に対し提供するトレーニングメニューその他これに関連するプログラムをいいます。
(6)「本利用契約」
第5条(利用申込)の利用申込完了により成立する、会員と弊社との間の本プログラムの利用契約をいいます。
(7)「個別規約」
弊社が定める本プログラムの利用に際しての、本規約以外のルール等をいいます。
(8)「新規約」
第4条(本規約の改定)により改定された本規約または個別規約をいいます。
(9)「本サイト」
弊社が制作および公開する本プログラムに関するWebサイト(理由を問わず、弊社のWebサイトのドメインまたは内容が変更された場合は、この変更後のWebサイトを含みます。)をいいます。

第3条(本規約の適用)
1. 本規約は、会員と弊社との間の本プログラムの利用に関わる一切の関係に適用されるものとし、会員は、本規約の内容を確認しこれに同意した上で、本プログラムを利用するものとします。
2. 弊社は、本プログラムに関し、本規約のほか、個別規約を定めることがあります。この場合、個別規約は本規約と一体として同様の効力を有するものとし、特段の定めがない限り、個別規約の定めは本規約に優先して適用されるものとします。
3. 本規約は、改定の理由を問わず、本プログラムの名称または内容が改定された場合についても適用されるものとします。

第4条(本規約の改定)
1. 弊社は、会員の承諾を得ることなく、弊社の判断において、本規約または個別規約の全部もしくは一部を随時改定できるものとします。なお、改定した場合の会員に適用される条件は、新規約が適用されるものとします。
2. 新規約は、本サイトに掲示された時点より効力を生じるものとし、会員が当該変更の効力発生後に本プログラムを利用することにより、新規約の内容に同意したものとみなします。

第5条(利用申込)
1. 本プログラムの利用申込は、利用希望者が、本規約に同意し、弊社が指定する方法により登録情報を弊社に提供することにより行い、弊社がこれを承認し、これを利用希望者に通知することによって、完了するものとします。なお、18歳未満の未成年者が保護者(法定代理人)の同伴なしで本プログラムを利用する場合、保護者(法定代理人)の事前の同意が必要となります。
2. 前項の利用申込完了により本利用契約が成立し、以後、会員は、本規約の条件に従い、本プログラムを利用することができます。
3. 利用希望者は、本プログラムの利用に支障が生じる可能性のある基礎疾患がある場合、利用申込前に必ず医師の診断を受け、本プログラム参加の可否を確認のうえ、利用申込の際に弊社に必ずお知らせください。利用申込完了後、そのような基礎疾患があることが判明した場合、以後、本利用契約を解除し、本プログラムの利用をお断りする場合があります。また、そのような基礎疾患があることを弊社が知らない状況で会員に心身上の傷害等が生じた場合、弊社は一切責任を負いません。
4. 弊社は、第1項の利用申込を弊社基準により審査し、利用希望者について下記のいずれかの事由があると判断した場合、利用希望者に対し、その理由を明らかにすることなく、利用申込を承認しない旨の通知をします。
(1) 利用申込に際し、登録情報の全部または一部につき、虚偽、誤記または記載漏れがあったとき
(2) 本プログラムの利用に支障があると考えられる基礎疾患その他の心身上の疾患があるとき
(3) 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体その他の反社会的勢力、およびこれに準ずる者を意味し、以下同じとします。)である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与があると弊社が判断したとき
(4) 本規約に違反したことがある者またはその関係者であると弊社が判断したとき
(5) 本プログラムの内容の調査もしくは弊社業務の妨害を行うことを目的としている、またはそのおそれがあると弊社が判断したとき
(6) 前各号のほか、本プログラムの利用に支障があると判断したとき

第6条(登録情報の変更等)
1. 会員は、自己の登録情報に誤りまたは変更があった場合、自己の責任において、速やかに登録情報を弊社の定める方法に従い弊社に通知するものとします。
2. 登録情報の内容に虚偽、誤記または記載漏れがあったこと(メールアドレスの変更に伴う登録情報の更新を怠った場合を含みますが、これに限りません。)により会員に何らかの損害が生じたとしても、弊社は一切責任を負いません。

第7条(会員情報の取扱い)
会員情報の取扱いについては、弊社が別途定めるプライバシーポリシーによるものとし、会員は、当該プライバシーポリシーに従って、弊社がこれらの情報を取り扱うことについて、あらかじめこれを承諾するものとします。

第8条(通知または連絡)
1. 弊社と会員との間の通知または連絡は、本サイトまたは本プログラムを実施する店舗の適宜の場所への掲示、電子メールその他弊社が適当と判断する方法によるものとします。
2. 弊社は、会員から弊社が指定する方法による連絡先の変更届けがない限り、本プログラムに登録されている連絡先を有効なものとみなしてこの連絡先へ通知または連絡を行うものとします。
3. 弊社の会員に対する電子メールによる通知または連絡は、弊社が発信した時点をもって会員へ到達したものとみなします。

第9条(本プログラムの利用)
1. 会員は、本規約、本規約別紙その他の弊社が定める条件に従い、本プログラムを利用することができます。
2. 会員が利用可能な本プログラム上の内容は、会員が選択する本プログラムの利用プランにより異なります。この場合、当該利用プランに記載された利用可能な本プログラム上の内容を、会員自身で確認するものとします。
3. 会員が利用プランを変更する場合、変更前の利用プランで利用可能な本プログラム上の内容の全部または一部が、変更後の利用プランの条件により、利用できなくなる場合があり、会員はこれを承諾するものとします。
4. 会員は、会員が選択した利用プランに定める利用回数を、所定の期間内に消化するものとし、やむを得ない事由によりこれを消化できないと弊社が判断した場合は、担当のトレーナーと協議のうえ、上限を1か月間として期間延長などの措置を受けることができます。ただし、病気や怪我などやむを得ない特別の事情がある場合は、期間延長について別途相談のうえ決定します。
5. 本プログラムは、会員が自己のために利用する目的でのみ利用することができ、会員以外の第三者に利用させるなど、自己利用以外の目的で利用してはなりません。
6. 会員は、本プログラムの利用の前に、過去の病歴、現在服用中の薬その他本プログラムの利用に際し注意が必要となる事項のすべてを担当のトレーナーに報告しなければなりません。
7. 会員は、本プログラムの利用中に、体調不良、経験したことがない異常な疲労感、頻脈、動悸、胸の痛みその他の異常を感じた場合は、直ちに担当のトレーナーに報告しなければなりません。
8. 会員は、酒気を帯びている状態または薬物利用の疑いがある状態その他これらに類する状態にある場合は、本プログラムを利用することができません。
9. 前二項のほか、会員は、本プログラムの内容を、弊社が指定する条件、規則その他弊社の指示(担当トレーナーその他の弊社スタッフによる指示を含みます。)に従い利用するものとし、これに反する利用をしてはいけないものとします。
10. 弊社は、本プログラムに関し、医療行為、風俗的行為その他これらに類似する行為を一切提供いたしません。
11. 前各項の規定内容に反する本プログラムの利用により会員に生じた不利益について、弊社は一切責任を負いません。

第10条(利用料の支払等)
1. 会員は、本プログラムの利用の対価として、会員が選択した利用プランにおいて弊社が定める入会金を、当該利用プランの初回セッション開始までに、銀行振込、クレジットカード決済、各種決済サービスその他弊社が指定する方法により、支払うものとします。
2. 会員は、本プログラムの利用の対価として、会員が選択した利用プランにおいて弊社が定める利用料金を、当該利用プランの初回セッション開始までに、銀行振込、クレジットカード決済、各種決済サービス弊社の指定する方法により、支払うものとします。
3. 弊社は、理由のいかんを問わず、入会金、利用料金その他弊社が会員より受領した金員を返金いたしません。ただし、会員の急な引越や転勤など、やむを得ない事由があると弊社が認めた場合、返金に応じる場合があります。
4. 弊社は、入会金、利用料金および支払方法について、事前に会員に通知することなくいつでも変更することができるものとします。
5. 前項の入会金、利用料金を変更する場合、弊社は、会員に対し、変更後の価格を適用する日の1か月前までにこれを通知するものとします。なお、すでに支払い済みの入会金、利用料金に変更はありません。
6. 会員は、入会金および利用料金の支払を遅滞した場合、年14.6%の割合による遅延損害金を弊社に対して支払うものとします。

第11条(予約方法)
1. 会員は、選択した利用プランの利用について、担当のトレーナーと調整のうえ、日時を決定して予約するものとします。
2. 予約の変更については、前営業日の18時までに、各店舗の電話または店舗が提供するLINEその他弊社が指定する方法で行うものとします。
3. 本プログラムの利用当日の予約変更は不可とします。

第12条(キャンセル)
1. 会員は、予約した本プログラムの利用キャンセルを希望する場合、前営業日の18時までに、各店舗の電話または店舗が提供するLINEその他弊社が指定する方法により弊社宛て連絡するものとします。
2. 会員が予約した本プログラムの利用を予約日当日にキャンセルする場合、1回の利用料に相当するキャンセル料が必要となります(利用しなかった分の返金はありません。)。ただし、天災事変や公共交通機関の大幅な遅れなどやむを得ない事由により利用できない場合は、ご利用の店舗にその旨をご連絡いただければ、キャンセル料は発生しません。

第13条(免責事項)
1. 弊社は、本プログラムをその効果を示唆する十分な証拠に基づいて提供するものですが、本プログラムの内容その他本プログラムを通じて提供される情報(本プログラムに関連する第三者が提供する情報を含む。)が、絶対的な効果をもたらすこと、会員の特定の目的に適合すること、会員が期待する機能・商品的価値・正確性・有用性・完全性を有すること、継続的に利用できること、および不具合が生じないことについて、明示または黙示を問わず保証せず、何ら責任を負わないものとします。
2. 弊社は、本サイトの利用環境の変化、本サイトと連携する第三者が提供するサービスの障害その他の外部的事情により、本サイトに不具合が生じ、本サイトが正常に動作しない可能性があることにつき、一切責任を負わないものとします。
3. 弊社は、前各項の不具合が生じた場合について、弊社が行う変更および修正等により当該不具合が解消されることを保証するものではなく、一切責任を負わないものとします。
4. 本プログラムには高度の安全性が要求されるものではなく、本プログラムの不具合や中断が生命、身体への危険、有機物または環境に対する重大な損害をもたらす用途を想定しては設計されていないため、弊社は、本プログラムがこれら高度の安全性が要求される用途に合致することを一切保証するものではありません。
5. 弊社は、会員が本プログラムを利用中に、体調不良(血圧異常、めまい、不整脈、頻脈および徐脈ならびに心臓発作、脳卒中が考えられますが、これらに限りません。)、異常感等の異変、死亡事故が生じた場合、これらを一切保証するものではありません。
6. 弊社は、会員が本プログラムの利用中に持ち込んだ物を預かりません。会員は、持込物について自己責任で管理するものとします。
7. 弊社は、会員が施設に放置した物に関する一切の権利を放棄したものとみなします。ただし、以下の各号に定めるものを除きます。
(1) 現金および有価証券
(2) 価額または合計額が1万円以上であると明らかに認められる物品
(3) 鍵、カードキーその他これらに類似するもの
(4) 携帯電話その他の電子機器およびその付属品
(5) 運転免許証、マイナンバーカード、健康保険被保険者証、在留カードその他法律または命令に基づき交付される書類で、個人の地位または一身に専属する権利を証明するもの
(6) 預貯金通帳、キャッシュカードまたはクレジットカードその他の信用情報に関わるもの
(7) 動物その他の生体
(8) 当該物またはその付属物に記載または付加した情報により所有者または占有者が特定できるもの
8. 弊社は、本プログラムの利用を原因とする会員に生じた損害について一切責任を負わないものとします。ただし、本プログラムに関する弊社と会員との間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合において、弊社に故意または重過失がある場合、この免責規約は適用されないものとし、弊社は、会員に現実に発生した直接かつ通常の損害に限り、請求の原因となった本プログラム利用の月額利用料を限度として、これを賠償するものとします。
9. 弊社が責任を負う場合であっても、弊社は、弊社の過失(重過失を除くものとします。)による債務不履行または不法行為により会員に生じた損害のうち付随的損害、間接損害、特別損害(弊社または会員が損害の発生について予見し、または予見することができた場合を含みます。)、将来の損害および逸失利益にかかる損害については、賠償する責任を負わないものとします。
10. 弊社は、本プログラムに関して、会員と他の会員または第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切責任を負わないものとします。

第14条(禁止行為)
会員は、本プログラムの利用にあたり、自らまたは第三者をして、以下の各号のいずれかに該当すると弊社が判断する行為、および以下の各号の行為を直接または間接に惹起し、または容易にするものと弊社が判断する行為をしてはならないものとします。
(1) 本規約に違反する行為またはそのおそれがある行為
(2) 法令、裁判所の判決、決定もしくは命令、または法令上拘束力のある行政措置に違反する行為およびこれらを助長する行為
(3) 公序良俗に反する行為または犯罪に関連する行為
(4) 本プログラムの利用により得た情報を商業的に利用する行為
(5) 本プログラムの運営を妨害するまたはそのおそれがある行為
(6) 他の会員その他第三者のプライバシーその他の権利利益を侵害する行為
(7) 他の会員その他第三者になりすます行為
(8) 他の会員に関する個人情報等を当該会員の承諾なく収集する行為
(9) 他の会員その他の第三者に不利益、損害または不快感を与える行為
(10) 本プログラムを利用して、弊社と競合関係に立つ事業を直接的または間接的に行う行為、および援助または準備する行為
(11) 本プログラムを弊社が定める目的外で利用する行為
(12) 本プログラムに関連して、反社会的勢力に対し直接または間接に利益を供与する行為
(13) その他、弊社が不適切と判断する行為

第15条(規約違反の場合の措置等)
1. 弊社は、会員が次の各号のいずれかに該当しまたは該当するおそれがあると弊社が判断した場合には、弊社の裁量により、何らの通知を行うことなく、当該会員に対し、違反是正措置の要求、本プログラムの利用の一時停止もしくは制限または本利用契約の解除(会員資格の喪失)等の措置(以下「利用停止等」といいます。)を講じることができるものとします。
(1) 本規約のいずれかの条項に違反した場合
(2) 本プログラムの利用に支障を来す心身上の疾患があると弊社が判断した場合
(3) 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
(4) 利用料金等の支払いを延滞した場合
(5) 弊社からの連絡に対し、一定期間返答がない場合
(6) 本プログラムの利用が一定期間ない場合
(7) 本プログラムの利用に際して、過去に利用停止等の措置を受けたことがありまたは現在受けている場合
(8) その他前各号に類する事由があり、本プログラムの利用を継続しがたい重大な事由が発生したと弊社が判断した場合
2. 会員は、利用停止等の後も、弊社および第三者に対する本規約上の一切の義務および債務(損害賠償義務を含みますが、これに限りません。)を免れるものではありません。
3. 弊社は、本条に基づき弊社が行った行為により会員に生じた損害について一切の責任を負わないものとします。
4. 弊社は、本条による契約終了後も、当該会員に関し、本条に基づき弊社が取得した情報を保有および利用することができるものとします。

第16条(秘密保持)
1. 弊社または会員は、相手方から開示された、または本プログラムの提供もしくは利用過程で取得された相手方固有の技術上、営業上、業務上その他の情報を秘密として扱うものとし、当該相手方の事前の書面による承諾なく、これらの情報を本プログラムの利用目的以外に使用し、または第三者に開示してはならないものとします。
2. 前項により課された秘密保持義務は、以下の情報については適用されないものとします。
(1) 相手方による開示または提供以前に、公知となっている情報
(2) 相手方による開示または提供の時点において、既に自己が所有していた情報
(3) 相手方による開示または提供の後に、自己の契約違反、不作為、懈怠または過失等によらずに公知となった情報
(4) 相手方から開示または提供されたいかなる情報にもよらずに独自に開発した情報
(5) 何らの秘密保持義務を負担することなく第三者から合法的に取得または開示された情報
3. 弊社または会員は、前二項によって秘密とされた情報について複製を作成しようとする場合には、相手方の事前の承諾を得るものとします。
4. 本利用契約が終了した場合には、それがいかなる理由に基づくものであっても、弊社または会員は、本条第1項および第2項によって秘密とされた情報および前項のもとに作成されたそれらの複製を遅滞なく相手方に返還するものとし、物理的な返還が不可能な状態で保管されている情報がある場合には、相手方の指示に従って、それらの情報を破棄しなければならないものとします。
5. 弊社または会員は、本利用契約が終了した場合には、以後、それがいかなる理由に基づくものであっても、本条第1項および第2項によって秘密とされた情報をいかなる方法によっても使用することはできないものとします。ただし、第16条(規約違反の場合の措置等)第4項の場合を除きます。
6. 本条による秘密保持義務は、本利用契約の終了後も存続するものとします。

第17条(反社会的勢力の排除)
1. 会員は弊社に対し、自己が、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。
(1) 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
(2) 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
(3) 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
(4) 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
(5) 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
2. 会員は、弊社に対し、自らまたは第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約します。
(1) 暴力的な要求行為
(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
(3) 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
(4) 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または弊社の業務を妨害する行為
(5) その他前各号に準ずる行為
3. 弊社は、会員が暴力団員等もしくは本条第1項各号のいずれかに該当し、もしくは前項各号のいずれかに該当する行為をし、または本条第1項の規約にもとづく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明し、当該会員との取引を継続することが不適切である場合には、催告その他何らの手続を要することなく、直ちに当該会員との本利用契約の全部または一部を解除することができます。
4. 前項により弊社が損害を被った場合、本利用契約を解除された会員は、弊社に生じたその損害を賠償する義務を負うものとし、自己に損害が生じた場合であっても、弊社に何らの請求をすることができないものとします。

第18条(損害賠償)
1. 会員による本規約の違反行為その他本プログラムの利用に起因して、弊社に直接または間接の損害が生じた場合(当該行為が原因で、弊社が第三者から損害賠償請求その他の請求を受けた場合を含みます。)、会員は、弊社に対し、そのすべての損害(弁護士等専門家費用および弊社において対応に要した人件費相当額を含みます。)を賠償しなければなりません。
2. 弊社は、本プログラムの利用に関連して会員が被った損害につき、一切の責任を負いません。ただし、弊社に故意または重大な過失がある場合、弊社は、会員に現実に発生した直接かつ通常の損害に限り、請求の原因となった本プログラム利用の月額利用料を限度として、これを賠償するものとします。

第19条(解除)
1. 弊社または会員は、相手方が次の各号のいずれかに該当するときは、相手方に対し何らの催告なく本利用契約の全部または一部を解除できるものとします。
(1) 相手方が本規約に定める義務を履行しない場合において、相当の期間を定めて履行を催告し当該期間経過後もなお相手方が履行しないとき
(2) 本利用契約の遂行が不能となったとき
(3) 官公署による免許、認可、登録が取り消される等、相手方の営業資格に重大な変更があったとき
(4) 背信行為があったとき
(5) 支払の停止、または仮差押、差押、競売、破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始もしくは特別清算開始の各申立てがあったとき
(6) 手形交換所の取引停止処分を受けたとき
(7) 公租公課の滞納処分を受けたとき
(8) 解散、清算または事業の全部もしくはその重要な一部を第三者に譲渡したとき
(9) 相手方の名誉または信用を著しく毀損するまたはそのおそれがある行為をしたとき
(10)本利用契約について契約目的を達するに足りる履行がされる見込みがないことが明らかであるとき
(11)本利用契約の利用申込時に虚偽の記載および申告をしたとき
(12)相手方への連絡がとれないとき
(13)自らもしくは第三者を利用して、相手方の業務を妨害したとき、または、妨害するおそれのある行為をしたとき
(14)自らもしくは第三者を利用して、相手方に対して、暴力的行為、詐術、脅迫的言辞を用いる等したとき
(15)故意または過失により相手方に損害を与えたとき
(16)その他前各号に準ずる本利用契約関係を継続し難い重大な事由が発生したとき
2. 前項に基づく解除は、相手方に対する前条(損害賠償)による損害賠償の請求を併せて行うことを妨げるものではないものとします。
3. 弊社は、第1項の解除を行ったことにより、契約者および第三者が被った損害につき、一切の責任を負わないものとします。ただし、弊社に故意または重大な過失が存する場合はこの限りではないものとします。
4. 第16条(規約違反の場合の措置等)の規定は、本条に優先して適用されるものとします。

第20条(本プログラムの休会・再開)
1. 会員は、解約を希望するセッションの開始前日18時までに弊社窓口宛てに申請する(店舗LINEその他弊社が指定する方法によります。)ことで、本プログラムの利用を休止することができます。
2. 会員は、いつでも、弊社窓口宛てに申請する(店舗LINEその他弊社が指定する方法によります。)ことで、休止している本プログラムの利用を再開することができます。
3. 本プログラムを休会する場合、利用料金の返金はありません。
4. 再開までの期限は利用プランの最後に利用したセッションの日の翌日から1か月とします。ただし、病気や怪我などやむを得ない特別の事情がある場合は、再開の期限について別途相談のうえ決定します。
5. 前項の期限を経過した場合、未消化のセッションの利用権は消滅します。

第21条(本プログラムの利用解約)
1. 会員は、解約を希望するセッションの開始前日18時までに弊社窓口(店舗LINE)宛てに申請することで、本プログラムの利用を解約することができます。
2. 会員は、本プログラム解約後、会員が再度本プログラムの利用を希望する場合には、改めて第5条(利用申込)に従い、本プログラムの利用申込をしなければならないものとします。この場合、会員は、再契約の際に以前記録されていた会員に関する個人情報等のデータが引き継がれないことをあらかじめ承諾するものとします。なお、再度入会金が必要となりますのでご注意ください。
3. 会員は、本利用契約の解約後も、弊社および第三者に対する本利用契約上の一切の義務および債務(損害賠償を含みますが、これに限りません。)を免れるものでなく、利用料金の返金はありません。

第22条(本プログラムの変更・中断・終了等)
1. 弊社は、会員に事前に通知することなく、本プログラムの内容の全部または一部を変更または追加することができるものとします。
2. 弊社は、以下のいずれかの事由に該当する場合には、会員に事前に通知することなく(第1号の場合を除きます。)、本プログラムの一部もしくは全部を一時的に中断または中止する(本プログラムを提供する店舗等の全部または一部の閉鎖もしくは休業を含みます。)ことができるものとします。
(1) 弊社が事前に設定する定休日(臨時休業を含みます。)に該当する場合
(2) 本プログラムに関わる運営、保守管理を定期的または緊急に行う場合
(3) 本プログラムを提供するトレーナーに体調不良、病気、怪我、不慮の事故その他本プログラム提供に支障を来す事情が生じた場合(ただし、セッションの実施について別途調整いたします。)
(4) 会員のセキュリティを確保する必要が生じた場合
(5) 本プログラムについて連携する第三者に関わるメンテナンスや修理を定期的または緊急に行う場合
(6) 気象災害、天変地異その他の不可抗力により本プログラムの提供が困難な場合
(7) 火災、停電、その他の不慮の事故または戦争、紛争、動乱、暴動、労働争議等により本プログラムの提供が困難な場合
(8) 法令またはこれらに基づく行政処分等の措置により本プログラムの提供が実施できない場合
(9) 集団感染を引き起こすおそれのある疾患症状がある場合
(10) 本プログラムの利用に支障を来す疾患症状がある場合
(11) 酒気を帯びている場合または薬物利用の疑いがある場合
(12) 本規約等に定める事項を遵守しない場合
(13) 本プログラムの担当トレーナーその他のスタッフの指示に従わない場合
(14) その他前各号に準じ弊社が必要と判断した場合
3. 弊社は、事前に、本サイト上への掲示その他弊社が適当と判断する方法で会員に対し1か月前に通知することにより、弊社の裁量で、本利用契約を解約し、本プログラムを終了することができるものとします。ただし、緊急の場合は会員への通知を行わない場合があります。
4. 前各項に関し、その原因および理由ならびに期間等にかかわらず、会員の利用料の支払義務について軽減または免除はありません。
5. 弊社は、本条に基づき弊社が行った措置により会員に生じた損害について一切の責任を負いません。

第23条(再委託)
弊社は、本プログラムの提供に関して必要となる業務の全部または一部を弊社の判断で第三者に再委託することができるものとし、会員はあらかじめこれに同意するものとします。

第24条(権利義務の譲渡禁止)
1. 会員は、弊社の書面による事前の承諾がある場合を除き、本利用契約に基づく権利もしくは義務、本利用契約上の地位について、第三者への譲渡、承継、担保設定、その他一切の処分をすることはできません。
2. 弊社が、本プログラムにかかる事業を第三者に譲渡し、または弊社が消滅会社もしくは分割会社となる合併もしくは会社分割等により本プログラムに係る事業を包括承継させたときは、弊社は、当該事業譲渡等に伴い、本利用契約上の地位、権利および義務ならびに会員に関する情報を当該事業譲渡等の譲受人または承継人に譲渡することができるものとし、会員は、あらかじめこれに同意するものとします。

第25条(分離可能性)
1. 本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、当該無効または執行不能と判断された条項または部分(以下「無効等部分」といいます。)以外の部分は、継続して完全に効力を有するものとします。
2. 弊社および会員は、無効等部分を、適法とし、執行力をもたせるために必要な範囲で修正し、無効等部分の趣旨および法律的・経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。
3. 本規約のいずれかの条項またはその一部が、ある会員との関係で無効または執行不能と判断された場合であっても、他の会員との関係における有効性等には影響を及ぼさないものとします。

第26条(準拠法および裁判管轄)
本規約等は日本法に準拠するものとし、本規約に起因しまたは関連する一切の紛争については、訴額に応じ、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第27条(協議解決)
本規約に定めのない事項および本規約条項中疑義の生じた事項については、弊社と会員との間で誠意をもって協議のうえこれを解決するものとします。

附則(本規約の変更内容・効力発生日)
(1) 本規約は、令和5年6月17日より効力を生じるものとします。
 
株式会社Brave

代表者:賞雅 大剛